書綴日記

小説書いたり、徒然

小説用エディタを変えた

小説に使用するエディタを引っ越しした。

忘備録としてメモを残しておく。

 

 


 

■使用エディタ

  • 元々使っていたの
    • NanaTerry
  • これから使う

■エディタ遷移

他の方々はどんなエディターを使っているんですかね。

そもそもエディタとか言わないのかな。

エディタって「editor」です。Wordとか、メモ帳とか、書くのに使ったソフトウェアのことです。

かつていつだったか覚えていないほど昔はWordを使っていたと思います。

その後、Wordって書きづらいな、となって、

  • Word → Sakuraエディタ → NanaTerry → VSCode

と移行していった。

 

Wordはなにより重い。あと白画面が目に痛い。黒画面でやりたい。

検索とかやりにくいし、置換とかしにくいし、読みにくい。

そもそも画像とか入れないのにWordを使う意味がない。

 

で、Sakuraエディタは黒画面できるし、すぐ起動するし、とやりやすいことはやりやすいんだけど、複数ページを開く時に面倒。

 

で、たどり着いたのがNanaTerry。

■NanaTerryについて

これはかなり使いやすい。ただの日常生活のメモ程度ならばともかく、文字数が多かったり、ノード(ざっくりファイル数と思ってもらえればOK)が増えるとバグる確率が上がるらしいので、というか、実際バグったので移行した。

あと、個人開発なので、Windowsのバージョンが上がったりとかしたらある日使えなくなりました、となると困るので。

(個人開発でやっていただいているのはとてもありがたいことだと思っています。ありがとうございます。)

 

でも本当に、小説特化のエディタという感じで、NanaTerryはかなり使いやすかった。

検索もちょっと癖があるけど、簡単にできるし、置換も同じく。

そしてなによりルビが簡単に付けられるが小説投稿サイトを使っている人間にとってはとても使いやすかった。あれな…VSCodeもできるようにならないかな。

自分でショートカット作れないか調べたけど、調べた限りでは無理そうなので、そこが残念。でもまあ、私はそんなにルビを使いまくる作風でもないので、まあ諦めるかという感じだけど。

 

VSCodeについて

VSCodeはフォルダ管理でNanaTerryもどきのノード管理ができるというので、移行を決意した。まあ、NanaTerryほど簡単にノード管理ができるわけではないけど、そこそこ小説のシリーズを書いてきて、それなりにどう階層をわけるか分かってきたので、まあ良いかと。

 

VSCodeでできることは、(縦書き以外は)NanaTerryができる。

 

自分的に、

VSCode < NanaTerry

って感じ。

 

ただ、私のNanaTerryの使い方の問題だけれど、シリーズごとに別のファイルで管理していたのだけれど、「こっちの作品を書きつつ、こっちもやる」みたいなことがやりにくかったのだけれど、これに関してはVSCodeの方がやりやすい。

これは私がNanaTerry本体(NanaTerryはポータブル?ソフト)もクラウド管理していたからというのもあるとおもう。NanaTerryは保存の度に設定ファイルとかに書き込んでいるらしく、保存後すぐに保存とかがやりにくかった。が、VSCodeはそういうものがないので(というか普通にフォルダとtxtを階層管理しているだけなので、本体とかは考えない)サクサクいく。

これだけはVSCodeにしてよかった点。

 

VSCode拡張機能としては以下を入れた。

  • novel-writer

できるなら文章校正 の拡張機能「textlint」も入れたかったのだけれど、共生させる方法が分からなくて(どちらかを無効にして、もう一方を有効にする、というスイッチをすれば可能だが)仕方がないので、「novel-writer」のみ。

今後使いにくいことがあれば適宜調べる予定。

 


 

引っ越しに1日くらいかかった。

NanaTerryってtxtでエクスポートできるのだけれど、ノードの分け方とか出方が特殊なので、それを移動させるのに時間がかかった。

エクスポートしてファイル名を変えていくのと、コピペしていくのはケースバイケースで切り替えた。

あと、NanaTerryってtxtをエクスポートするのに文字コードを選べるんだけど、VSCodeと合わせてUTF-8を選んだら「Bom付き」のもので出てきた。

できればない方が他と揃って嬉しいのだけれど、まあ、仕方ない。

Bom付きってなんだ?と調べたら、「たぶん付いていてもいなくても挙動に問題ないはず」的なことが書かれていたので、信じます。

 

2022年の目標の振り返り

1年の振り返りを今年もやる。

以下で目標を立てていたので振り返る。

https://toarumonokaki.hatenablog.com/entry/2022/05/23/2022%E5%B9%B4%E3%81%AE%E7%9B%AE%E6%A8%99

 

2021年は5月末とかにやっていたが、今回は年始?に。

 


 

■2022年の目標と回答

【優先度高】

  • 書き上がった短編連作(1編の文字数は5万くらいので正しくは中編)をどこかの賞に応募する。賞の締切は来年とかの可能性もあるので、その場合はどの賞に出すか決めて、かつ、提出できる原稿その他を用意しておく。

⇒とりあえず作成・申込みはした。

  • ファンタジー長編を書き始め、ダブル主人公の話の第1章は書き上げておく

    • 正直、今これを書かなければ、やる気が消えて書かなくなると思うので……

⇒第1章がこれでfixかは微妙だが、とりあえず第1章は書き終えた。

  • 小説(死)について、並行して書く

    • ファンタジー長編の合間に味変として

⇒これはできていない。ただ別の短め?の話は書いた。

 

【優先度中】

  • 月1で書いている(いた)長編を1回は更新する

⇒5月時点で1回は更新している。それ以降はできていないが…

  • 次の中編連作(幻想)について、プロットを立てる

    • ざっくりでいいなら2つはできているので、残り1つはやる。他に書きたい話があればそれもプロットに起こす

⇒プロットは完成というわけではないが、ざっくりできている。どちらかというと2つの方を重点的にやっていた。「残り1つ」についてはあまり進んでいない。たぶん2021年時点よりは解像度は上がっているが…

 

【優先度低】

  • 小説(天使)について、ざっくりとプロットを立てておく

⇒これなんだっけ? と思ったけど、たぶん上の方で書いた小説(死)と関連系のものだな。これはたぶん対してプロットを考えていない。それより書きたいと思ってプロット作ったやつがあったし。まあ、これは2023年だと次の次の次くらいに対応するかもね……?という感じ。

 


 

という感じでした。

2022年は総評して、あまり小説を書かなかった。

やった一番大きなこととしては、

・長編応募した

くらいだろうか。

 

でもまあ、目標がかなり低めだったので、それはだいたいできていたのは良かった。

 

あまり書かなかった理由としては、長編を完結させて気が抜けたとかそんな感じかな。

2023年の目標はまだ決まっていないけれど、もう少し書けたらいいなと思う。

香水について2

以前書いたものの続き。

個人的な忘備録。

https://toarumonokaki.hatenablog.com/entry/2021/04/04/%E9%A6%99%E6%B0%B4%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

 

 

香水の感想

MAISON CHRISTIAN DIOR/SAKURA

www.dior.com

 

感想
  • 桜餅の葉のような塩っぽい桜葉の香り
  • 持続性はある。朝のものが夕方まで残っている(前回儚いとか書いたみたいだが、もっと儚いものはある。これはそれほどではない)
  •  【注意】どうやら私には合わないらしく、アレルギー反応(吹きかけた場所が赤くなり、痒くなる)が出た。

     

 

ALAIN DELON/samourai woman SAKURA PINK

sprjapan.com

 

↑ALAIN DELONのホームページが見つからなかったので、販売店ので。

 

感想
  • 水っぽい?あっさり。半日もすれば消える。
  • 特別な特徴がないかわりに、嫌われることもないだろう、的な香り
  • 桜っぽさは特に感じなかった。フェミニンな、無難な感じ

 

PRADA/Candy Night

www.prada.com

感想
  • キャラメルっぽい、甘いチョコレートの香り
  • チープ感はないので、長時間嗅いでいても辛くない。

以下、長文感想。

ずっと自分は柑橘系のスッキリとした香りが好きなのだと思っていたが、どうやらそういうわけではないらしいというのがコレを付けて分かった。
いや、柑橘系のスッキリとした香りは変わらず好きなのだが、もったりとした甘めの香りはそれ以上に好きなようだ。
柑橘系の香りは良い香りであることは確かなのだが、長時間嗅いでいるとなんとなくツンツンしてくる。(ツンツンとは?)あと、柑橘系の香りは付けてもすぐ香りが飛んでしまうので何度も付けなければならない。が、バニラなどの甘い系の香りは結構保つので面倒が少ない。これも良い点だ。

Vasilisa メリッサ (ベリー&バニラ)を「結構好き」と思った時点で「もしかして」とは思っていた。
金木犀(偽)を「好きだな~」とか思っている時点で、「私は柑橘系のすっきりした香りが好きなんだ」というのは思い込みかもしれなかったわけだ。もしかしたら私がまだ「好き!」と思えるような「すっきりした香り」に出会っていないだけかもしれないが。
たぶんそのうちこれの大きい瓶を買うと思う。

買った。

 

PRADA/Candy

www.prada.com

感想
  • キャラメル
  • Candy Nightが好みだったので、同じシリーズで試してみた
  • Candy Nightより素直な甘さ。
  • ミニ香水セットとかいう少量ずつ入っているものだからか、あまり香りがしなかった
  • 時間が経つと葉緑素化粧水(クロロフィル?)っぽい香りがする
  • 寺っぽさもある。お香?
  • 「おばさんっぽい」とレビューに書かれていたのを見たが、たしかに化粧品とかお香っぽさの香りはそうかも
  • Candy Nightの方が好み

PRADA/Candy Florale

www.prada.com

感想
  • ピオニー(牡丹)/ハニー/レモン
  • Candy Nightが好みだったので、同じシリーズで試してみた
  • まあ、香水ってこういうのだよな、というような化粧品売場とかに香り。
  • ミニ香水セットとかいう少量ずつ入っているものだからか、あまり香りがしない
  • 嫌いではないが好みでもない
  • しばらく経ってからの花の香り&ちょこっと蜂蜜な感じの香りは結構好き。甘さの中に酸っぱさがあり、嗅ぐとちょっとつばが出る感じ

GUCCI/Bloom

www.gucci.com

 

感想
  • 甘酸っぱい香り。酸っぱさは少なめ。でもあるので、私は若干喉がイガイガする。
  • ジャスミン/ラングーンクリーパー/ゲッカコウのフローラルな香りらしいが、ジャスミンしか名前を知らない。
  • 買う前にレビューを見ていてもっと甘い感じかと思ったけれど、そこまででもなかった。
  • 香りは割と早めに消える。持続性はあまりない。
  • トップからラストまであんまり変わらない気がする。
  • 芳香剤臭はしない感じのお花の香り。
  • いい匂いではあるが、二度目はいらないかな……

 

Salvatore Ferragamo (サルヴァトーレ・フェラガモ)/Signorina Misteriosa

www.ferragamo.com

感想
  • ブラックバニラムース/ブラックベリーの香りらしい
  • ブラックバニラムースはよく分からなかったが、ブラックベリー感はした
  • つんとしない甘酸っぱさで結構好き。むちゃくちゃ好きというわけではないが、気分転換にまた買ってもいいかもという感じ。
  • 芳香剤感はほとんどしないので、良い感じ

 

Chloé Eau De Toilette/Chloe

www.celes-perfume.com

感想
  • ローズ/コットンフラワーの香りらしい
  • ローズ感もコットンフラワー感もいまいちよく分からなかった
  • 若干喉がいがいがする
  • 夏っぽい香りがほしいなと思って買ったんだけれど、一般的にこういうのが夏っぽいんだろうか?
  • 香りもすぐ飛んでいまいちよく分からなかった。